新しい作品を買う、
新しい作品を売るを日常に。

Hapitas Comic

コンセプト

たくさんの作品が生まれる世の中を。

作家は自分が面白いと思って創造した作品を発表し、編集者ではなく、
読者に受け入れられることで購入され、応援され収益をえる。
これがあるべきコミックスの創造サイクルと考えます。

このサイクルを実現するためには 「発表して販売できる」「読者が新しい作品を買いやすい」
この2つが必要です。

私たちはハピタスポイントという日々のお買物で貯まるポイントが
利用できるコミックス投稿販売プラットフォームで
この創造サイクルの実現を目指します。


Hapitas Comic

でできること

自分の良いと思った作品で
収益を得ることができます。

公序良俗などのガイドラインのみでそれ以外の制約はかからずに自分の作った作品を公開、販売できます。
作家が良いと思って創造した作品が、そのまま販売されます。
後は読者がその作品をどれだけ楽しんでくれるか、 どれだけ応援したくなるかで収益がきまる健全な環境です。

作品を購入することで
作家の応援につながります。

売上の50%は作家の収益となります。
※印税などは通例10%程度。
収益を得られることで、次の作品を生むこともできます。
漫画を描くことに集中もできます、漫画を描くための道具を買うこともできます。応援する人が沢山いれば作品は生まれやすくなるはずです。